東陽ふれあい音楽会

毎年恒例の「東陽ふれあい音楽会」が終わりました。
箏演奏家・杉浦充氏とのデュオで、毎年4月に出演させて頂いております。

午前10時開演の朝コンサート。
こんな時間帯にもかかわらず270名超えのお客様にお越しいただきました。
この音楽会は、会場の雰囲気がとても素晴らしく、とても気持ちよく演奏できます。
会場のお客様との一体感を強く感じることができ、これぞライヴの醍醐味です!

終演後は、これも恒例の蕎麦屋での打ち上げ。
ガッツリ食べました!

リハーサル

明後日の本番を控え、今日は午後からリハーサル。
箏・三味線とピアノのデュオ。
なかなか珍しい組み合わせだと思います。

もう10年を超えるユニット。
お互いの手の内もよくわかるので、バッチリです!

本番が楽しみになってまいりました。

NHK文化センター第1回 終わりました

NHK文化センター講座「鈴木直己の音楽サロン」の初回でした。
全3回の短期講座で、第1回目は、
「作曲家の頭の中をのぞいてみましょう」というタイトル。

受講者の方は、みなさん音楽好きなようで真剣な眼差し。
終了後「もう終わり?30分くらいに感じました」「楽しかったです」など
直接言っていただき、こちらはホッと一安心。

お客様には楽しんでいただく、喜んでいただく内容を提供することが
プロの仕事であり、期待に応えて行かなくてはなりません。

まずは初回、無事終了しました!

準備が大変です

明日から始まるNHK文化センターでの新規講座。
3回の短期講座ですが、やはり第1回目は大切です。
受講される方の期待に沿えられるよう、しっかりと準備しないと…。

話す内容、時間配分、資料作りなどなど。
大変な作業ですが、ここが重要なところです!

テレビ取材

3月下旬より続いていたテレビ取材。
本日が撮影最終日でした。

延べ2週間ほどの撮影期間でしたが、
今日はみっちり8時間。クタクタです。

私もテレビ音楽の仕事に携わっていますが、
アナウンサーさん、照明さん、音声さんや
ADさん、Dさん…。
たくさんの人がそれぞれプロの仕事をすることで
番組が出来上がっているということを再認識。

それにしてもつかれました!

さいた、さいた

昨年採れたチューリップの球根から花が咲きました。
極寒の凍った土の中でずっと耐えて、芽が出てつぼみを付け、
長い時間をかけてついに咲きました!

冬から春にかけて、自分の力で芽を出すタイミングを見極め、
土をかき分けかき分け茎を伸ばし葉を付け、そして見事な花!
この生命力、自然のパワーは凄いですね。