News 最新情報

Bach 333

本日は小学校で「バッハ生誕333年記念」と題した音楽会に出演して参りました。

知っているようで案外知らないバッハ。(J.S.バッハです)
およそ1100あるバッハの作品の中から、一度は耳にしたことがあると思われる曲を選びました。

カンタータにまつわる話やカノンとフーガについてのほか、楽曲解説も含めながら、
ミニ音楽講座的にまとめてみました。

ヴァイオリニストには無理をお願いして「無伴奏パルティータ3番」を弾いてもらいましたが、
演奏の美しさと楽曲の荘厳さに、お客様は息を呑んで聴き入っていました。

東陽ふれあい音楽会

第207回「東陽ふれあい音楽会」に出演して参りました。

ありがたいことに、毎年出演依頼をいただいておりますが、主催者側からの今回のオファー内容は「JAZZ」!

ということで、「JAZZの魅力を解き明かす90分」と題し、JAZZとは何ぞやといったことやJAZZ Liveの聴き方など
JAZZの楽しさをお話しながらスタンダード曲8曲ほどを演奏しました。

10時スタートの音楽会ですが、200名越えのお客様にお越しいただき感謝です。

熱中症が心配されましたが、みなさん最後まで楽しそうに聴いてくださり、事故もなく終えられホッとしています。

オーディション審査

市の劇場がサポートしている「若手演奏家育成プログラム」。
その演奏会出演のためのオーディションが3日間行われ、
審査員を務めて参りました。

20歳くらいの学生さんから30歳くらいのキャリアを積まれた方まで、
みなさんなりの演奏を聴かせていただきました。

市を挙げて若手を育てるプログラム、とてもよい試みだと思いますね。

日本の音・日本のリズム

NHK文化センター短期集中講座(全3回)の最終回でした。

前回まで、メロディーの仕組みや曲の作り方、さらにはハーモニーについてなど、
音楽に関するお話をして参りましたが、最終回は「日本の音・日本のリズム」。

3回を終えて…。
毎回毎回の仕込みは結構大変で、90分のためにかなりの準備時間を費やしてきましたが、
受講者のみなさまの楽しそうな様子を見ていると、そんな苦労も吹っ飛んでしまいます。

生演奏付きの音楽講座。
これからもいろいろな場所で行って参ります!

NHK文化センター講座 第2回

月1回の文化センター講座。
その名も「鈴木直己の音楽サロン」

第2回目が終わりました。

次回は6月10日(日)午前10時から。
「日本の音・日本のリズム」です!

1 2