News 最新情報

合唱祭

豊橋文化祭の一環である「合唱祭」に行ってきました。

ここ2年、コロナ感染拡大の影響で中止となっていましたが、

3年ぶりの開催ということで、たくさんの合唱団が

日頃の練習の成果を発揮しておられました。

拙作「Summer in Memories」も再演されました。

自分が書いた譜面が音になる、という体験は毎回感動します。

譜面と真剣に向き合い、練習してくださったということが

演奏からよく感じられました。

丁寧に歌っていただき、ありがとうございました!

 

JAZZセッション

久々にJAZZセッションに顔を出しました。

JAZZセッションとは、当日会場に集まった人々で

その場でバンドを組んで演奏を楽しむというもの。

初めて顔を会わせたメンバーによる即席バンドです。

JAZZという語法で結びついた集団で演奏するのはとても楽しく

まさに一期一会です。

のぞいてみよう!作曲家の仕事

豊橋文化祭開会式における記念公演を行なってきました。

式典後の約60分が持ち時間で、トークと演奏でこなすのは

結構大変でした。

作曲家という職業について、メロディの作り方、編曲についてなど、

また「その場で作曲コーナー」などを入れながら

できるだけ楽しく、そして盛り沢山の内容で臨みました。

音楽は人を励ますことができる、勇気づけることができる、

そして人の心に寄り添うことができる。

そんなことを思いながら無事終えることができました。

 

豊橋文化祭記念公演

豊橋文化祭2022の開会式典が来たる9月24日に開催されます。

開会式・表彰式のあと、記念公演で出演させていただくことになり、

現在その内容についてあれこれ考え中です。

トークとピアノ演奏による公演で、みなさんにお楽しみいただけるよう

精一杯務めさせていただきます。

 

「孤悲」ツアー

お誘いいただいたコンサートに行って参りました。
場所は浜松アクトシティ大ホール。

当日は、浜松市に
緊急安全確保の警報(最高レベル5、市民40万世帯への避難指示)
が出されるほどの大雨悪天候。

コンサートのメンバーの方々は、新幹線が動かず新横浜で足止め。
開催はどうなるのか、と心配でしたが、10分押しで無事スタート。

 

アンコールを含め全13曲+トークで2時間強。
トーク大ネタは「エレクトーン、ハイ!」。これを生で聞くことができ感激!

仕事に追われる毎日ですが、束の間の夢の時間を過ごすことができました。

1 2 3 4 5 6 14